Coogan’s Bluff (1968) / マンハッタン無宿

『マンハッタン無宿』(マンハッタンむしゅく 原題:Coogan’s Bluff)は、1968年制作のアメリカ合衆国のアクション映画。ドン・シーゲルとクリント・イーストウッドが初めてコンビを組んだ作品で、後に同じコンビで大ヒットする『ダーティハリー』の原型ともいうべき作品。
本作の設定はのちにテレビドラマ『警部マクロード』に転用された(同じハーマン・ミラーが脚本を担当)。

 ・ amazon : Coogan’s Bluff (1968) / マンハッタン無宿

Coogan’s Bluff (1968) / マンハッタン無宿のあらすじ

アリゾナ州の保安官助手を務めるクーガン(クリント・イーストウッド)は、強引な捜査手法で同僚から避けられる一匹狼的な存在だった。上司のマクリー保安官は厄介払いを兼ねて、クーガンをニューヨークに派遣し、凶悪犯リンガーマンの身柄を引き取ってくるように命令する。クーガンは早速ニューヨーク市警を訪れるが、責任者のマッケルロイ警部補(リー・J・コッブ)から「リンガーマンは精神病院に入院中で、釈放の手続きが済むまで待っていろ」と追い返されてしまう。クーガンは市警で出会った女性犯罪人専門の保護官ジュリー(スーザン・クラーク)と交際しながら時間を潰すが、手続きに時間がかかっていることに苛立ち、精神病院から強引にリンガーマンを連れ出してしまう。しかし、クーガンは空港に到着した途端、リンガーマンの情婦リニーと彼女の仲間に襲われ、リンガーマンに逃げられてしまう。

責任を感じたクーガンは単独で捜査を始め、リンガーマンの母親のアパートを訪れ尋問するが、その帰りに市警の捜査官たちに連行されてしまう。クーガンはマッケルロイから「捜査権のないニューヨークでの捜査を止めろ」と警告され、さらに彼から連絡を受けたマクリーが帰還命令を出したため、クーガンはニューヨークを離れざるを得なくなった。クーガンはジュリーのアパートに向かい、彼女の目を盗んでリニーの情報を手に入れ彼女の元に向かう。リニーの案内でリンガーマンの居場所に向かうが、そこにはリンガーマンはおらず、クーガンは彼の仲間たちに襲われる。警官が駆け付けたためクーガンは現場を離れて宿泊先に戻るが、リニーから話を聞いたジュリーが現れ口論になる。
クーガンは再びリニーのアパートに乗り込み、彼女を脅してリンガーマンの元に案内させる。リンガーマンはバイクに乗り込み逃亡し、クーガンも通行人のバイクを借りて追跡を始める。追跡の末にリンガーマンを取り押さえるが、そこにマッケルロイが警官を引き連れて現れる。クーガンからリンガーマンを引き取ったマッケルロイは、彼の違法捜査を不問にし、「引き渡しの手続きをするから、今度こそ大人しく待っていて欲しい」と伝え、クーガンもそれを受け入れる。手続きが終わりリンガーマンを引き取ったクーガンは、見送りに来たマッケルロイとジュリーと別れを交わしてニューヨークを去っていく。

関連記事

  1. Sudden Impact (1983) / ダーティハリー4

  2. In the Line of Fire (1993) / ザ・シークレット・サービス

  3. Rawhide (1959-1965) / ローハイド

  4. The Gauntlet (1977) / ガントレット

  5. Paint Your Wagon (1969) / ペンチャーワゴン

  6. The Enforcer (1976) / ダーティーハリー3

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。