荒鷲の要塞 (1968) : Where Eagles Dare

『荒鷲の要塞』(あらわしのようさい、原題:Where Eagles Dare)は、1968年の戦争映画。イギリスの作家アリステア・マクリーンが原作と脚本を担当した。

監督:ブライアン・G・ハットン
出演:リチャード・バートン、クリント・イーストウッド、メアリー・ユーア、イングリッド・ピット

 ・ Apple : 荒鷲の要塞(字幕版) – ブライアン・G・ハットン

 ・ prime video : Where Eagles Dare (1968) / 荒鷲の要塞

 ・ u-next : 荒鷲の要塞 (1968)

 ・ Youtube Movie : Where Eagles Dare (1968) / 荒鷲の要塞

Where Eagles Dare (1968) / 荒鷲の要塞のあらすじ

第二次世界大戦の最中、ヨーロッパ大陸反攻作戦を担当するアメリカ陸軍の将軍、カーナビーが飛行機事故によりドイツ軍の捕虜となる。連合国の最重要機密の漏えいを防ぐため、イギリス軍情報部(MI6)のローランド提督とターナー大佐は救出作戦を立案。スミス少佐(リチャード・バートン)を中心とするイギリス軍情報部員6名と、アメリカ陸軍レンジャーのシェイファー中尉(クリント・イーストウッド)からなる混成部隊が結成される。
カーナビー将軍が収容されているのは、アルプス山脈の断崖絶壁に建てられた「鷲の城」(Schloss Adler)と渾名される難攻不落の城塞である。一行はカーナビー将軍救出のため、この「鷲の城」に向かうが……。

関連記事

  1. 夕陽のガンマン (1965) : For a Few Dollars More

  2. 続・夕陽のガンマン (1966) : The Good, The Bad and The Ugly

  3. マンハッタン無宿 (1968) : Coogan’s Bluff

  4. Rawhide (1959-1965) : ローハイド

  5. Letters from Iwo Jima (2006) : 硫黄島からの手紙

  6. 荒野の用心棒 (1964) : A Fistful of Dollars

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。