Sully (2016) / ハドソン川の奇跡

『ハドソン川の奇跡』(ハドソンがわのきせき、原題: Sully)は、2016年製作のアメリカ合衆国の映画。

2009年に起こり、奇跡的な生還劇として知られるUSエアウェイズ1549便不時着水事故、通称“ハドソン川の奇跡”と、その後の知られざる真実を映画化。クリント・イーストウッド監督・製作。トム・ハンクス主演。原題の“Sully”(サリー)とは、USエアウェイズ1549便の機長チェスリー・サレンバーガーのニックネーム。

 ・ amazon : Sully (2016) / ハドソン川の奇跡

 ・ Youtube : Sully (2016) / ハドソン川の奇跡

Sully (2016) / ハドソン川の奇跡のあらすじ

2009年1月15日、USエアウェイズ1549便がニューヨーク・マンハッタンの上空850メートルを飛行中、バードストライクによって全エンジンが停止、コントロールを失う。機長のチェスリー・サレンバーガー(サリー)は必死のコントロールと苦渋の決断の末、ハドソン川に機体を不時着させる。その結果、1人の犠牲者も出さず、この奇跡的な生還劇は「ハドソン川の奇跡」として全世界に報道された。

事故から数日後、サリーと副操縦士のジェフリー・スカイルズを筆頭とした乗務員たちは世間から国民的英雄として賞賛される一方、国家運輸安全委員会 (NTSB) によって事故原因の調査が行なわれていた。その過程でサリーの判断が適切であったかどうか、また、左エンジンは本当は動いていたのではないかという疑いを持たれ、彼は空港への着陸が可能だったとするNTSBから厳しい追及を受ける。サリーはホテルでの待機を余儀なくされ、妻との再会もできない中、しだいに自身の判断が正しかったのかという不安に苛まれる。

公聴会前夜、バーを訪れたサリーは、テレビを見ながら事故当日の出来事を回想する。信頼のおける乗務員達や、ごく平凡だが幸福な家族連れの乗客たち。一方、若い航空管制官のパトリックはレーダーから機影が消え着水したことを知ると、調査のための身体検査や記録が始まる。事故後、NY中がサリーの快挙に快哉を叫ぶ…。我に帰ったサリーは、ある事をシミュレーションが見落としていることに気付いた。

翌日、検証の最終段階でもある公聴会の日が訪れた。エアバス社からの中継で、コンピュータ上のシミュレーション、パイロットによるフライトシミュレーションの双方で、ラガーディア空港・テターボロ空港双方への着陸が可能だったことが示された。しかし、サリーとスカイルズは、シミュレーションから155名の人命を背負ったパイロットが状況判断に要する人的要因(思考時間や心理状態)が排除されていると、冷静だが厳しい口調で抗議した。その結果、人的要因の考慮を加味し、空港への方向転換を、思考時間の35秒分遅らせて再度実施すると、フライトシミュレーションいずれへの空港への着陸も失敗。しかも、市街地に墜落する大惨事となり得たことが示された。

さらに引き続いて、実際の音声記録が再生されると、全ての謎が埋まる。

…サリーが離陸後、チェックリストを完了して間も無く、高度3000フィートを超えた辺りでバードストライクに遭遇し、1549便の両エンジンが停止する。サレンバーガーは即座にAPUを起動してからスカイルズと操縦を交代、管制官に対してエンジン故障を報告。管制官の指示でラガーディア空港へ進路220度(南西)方向へ向けようとする。

一方、スカイルズはQRH(クイック・リファレンス・ハンドブック)に従ってエンジンの再起動を試みたものの、機体は最適な対気速度から100ノット近くも速度が下回っている状態に陥り、エンジンはまるで動かなかった。この時点で事態発生から1分以上が経過しており、サリーはラガーディア空港に引き返せないことを悟っていた。サリーはテターボロ空港へ向かうことも考えたが、それを管制官に伝えた時点で機体は1400フィート以下にまで落ちており、テターボロ空港へも辿り着けそうになかった。そこで、サリーは目の前のハドソン川に降りることを決断した。高度500フィートが目前に迫まると、サリーは乗客に対して「衝撃に備えてください」とだけアナウンスし、管制官にも着水の決断を報告する。そして、1549便を船着場近くの水面へと滑るように着水させた…

音声を聞いたサリーは休憩を取ると、自身の決断にようやく自信を持ち、スカイルズを労った。再開された公聴会は、緊張感に満ちた操縦席の音声と、生存することができた当事者たちを前に、彼らの判断が正しかったことを認めた。

エンディングでは、事故の実際の写真の後に、実際のサレンバーガー夫妻・スカイルズらと当時の乗客が一堂に会し、再会を喜ぶ映像が流れる。

関連記事

  1. Trouble with the Curve (2012) / 人生の特等席

  2. Hereafter (2010) / ヒア アフター

  3. J. Edgar (2011) / J・エドガー

  4. Jersey Boys (2014) / ジャージー・ボーイズ

  5. The 15:17 to Paris (2017) / 15時17分、パリ行き

  6. The Mule (2018) / 運び屋

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。