White Hunter Black Heart (1990) : ホワイトハンター ブラックハート

『ホワイトハンター ブラックハート』(White Hunter Black Heart)は、1990年に公開されたアメリカ映画。監督およびプロデューサー、出演はクリント・イーストウッド。
1951年の映画『アフリカの女王』のアフリカロケに同行した脚本家ピーター・ヴィアテルが当時の体験をもとに執筆した小説をヴィアテル本人が脚色に参加して映画化した作品。

・ amazon : White Hunter Black Heart (1990) / ホワイトハンター ブラックハート

・ U-NEXT : White Hunter Black Heart (1990) / ホワイトハンター ブラックハート

・ Apple : ホワイトハンター ブラックハート (字幕版) – Clint Eastwood

・ Youtube Movie : White Hunter Black Heart (1990) / ホワイトハンター ブラックハート

White Hunter Black Heart (1990) / ホワイトハンター ブラックハートのあらすじ

世界的に知られた映画監督ジョン・ウィルソン(クリント・イーストウッド)は、若い脚本家のピート・ヴェリル(ジョフ・フェイ)と共にアフリカに次回作の構想の為に来ていた。 しかしウィルソンは象狩にばかり魅了され、撮影の準備はちっとも進まない。そして、ウィルソンを理解するヴェリルは、ウィルソンの行動を逐一報告するユニット・マネージャー、ロックハート(アラン・アームストロング)とも上手くいかなかったりするのだが、やがて本国からプロデューサー、ランダース(ジョージ・ズンザ)とスター女優のケイ・ギブソン(マリサ・ベレンソン)ら、スタッフやキャストが、現地にやってくる。 遊びで行う象狩は、自然に対する罪ではなく、神への罪だと思っていても、ウィルソンには巨大な化け物を倒す闘争心を押さえることができない。 やがて撮影が始まる日に、雨が降ったために、ウィルソンは象を射ちに出かけるのだが。 子象を守ろうとした母象にウィルソンは襲われてしまい、地元ガイドのキブがウィルソンを守ろうとして象の犠牲になってしまう。 かなりのショックを抱えながらも、撮影現場に戻ってきたウィルソンは、しかし落ち込む間もなく、映画の撮影を再開させなければならないのであった。

関連記事

  1. セロニアス・モンク ストレート・ノー・チェイサー (1988) : Thelonious Monk: Straight, No Chaser

  2. ブロンコ・ビリー (1980) : Bronco Billy

  3. Changeling (2008) : チェンジリング

  4. ダーティハリー4 (1983) : Sudden Impact

  5. The 15:17 to Paris (2017) : 15時17分、パリ行き

  6. 真夜中のサバナ (1997) : Midnight in the Garden of Good and Evil

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。