真夜中のサバナ (1997) : Midnight in the Garden of Good and Evil

『真夜中のサバナ』(まよなかのサバナ、原題: Midnight in the Garden of Good and Evil)は、1997年に公開されたアメリカ映画。
監督はクリント・イーストウッド。アメリカ南部の都市・サバナを舞台とするジョン・ベレントの小説『真夜中のサバナ』を原作としている。

 ・ amazon : 真夜中のサバナ (1997)
 ・ prime video : 真夜中のサバナ (1997)
 ・ Apple : 真夜中のサバナ(字幕版) – Clint Eastwood

 ・ youtube movie : Midnight in the Garden of Good and Evil (1997) / 真夜中のサバナ

Midnight in the Garden of Good and Evil (1997) / 真夜中のサバナのあらすじ

雑誌に紀行文を発表していた旅行ライターの作者が取材のためにアメリカ南部の歴史都市「サバナ」を訪れたのにはじまり、土地で出会った(奇妙な)人間たちの交流を描いた一部と、作者が最も惹かれていた独身の大富豪が被告人となった美青年の殺人事件の裁判を傍聴する二部より構成される。

真夜中のサバナ (1997)のストーリー

ジョージア州サヴァナ。ジャーナリストのジョン・ケルソー(ジョン・キューザック)は、クリスマス・パーティの取材のため、優雅な社交界が残る歴史ある当地を訪問。ところがその晩、美術・骨董商として評判の町の名士、ジム・ウィリアムズ(ケヴィン・スペイシー)が、屋敷に出入りしていた青年ビリー・ハンソン(ジュード・ロウ)の殺人容疑で逮捕される。ウィリアムズは正当防衛を主張。ジョンは事件を取材して著作にしようと、裁判に協力することを条件にウィリアムズの了承を得て独自の調査を開始、だがサヴァナの町の人々の不可解さが増すばかり。ウィリアムズも夜中にジョンを墓地に連れ出し、ブードゥーの祈祷師ミネルバ(イルマ・P・ホール)を呼び出して何やら儀式を行ったりする。そんな中でジョンは、元弁護士でピアノの名手ジョー・オードム(ポール・ヒップ)や、ジョーのパートナーのマンディ・ニコルズ(アリソン・イーストウッド)、ドラッグ・クィーンのレディ・シャブリ(本人)ら、奇妙ながら楽しい人々と親しくなる。さて、裁判は弁護士のソニー・サイラー(ジャック・トンプソン)の奮闘もむなしく、検察側が優勢。ウィリアムズの無罪のためには、ビリーが先に発砲した証拠をつかむことが必要だった。ジョンがその証拠をつかみかけた矢先、突然ウィリアムズは「ビリーは発砲しなかった」とジョンに告白。混乱するジョンだが、裁判ではソニーが新しい証拠を提示して見事無罪を勝ち取ってしまった。ところがその直後、ウィリアムズは急死。真相は結局闇の中となった。ジョンは恋仲になったマンディとサヴァナで新生活を始めた。

関連記事

  1. J. Edgar (2011) : J・エドガー

  2. Changeling (2008) : チェンジリング

  3. Jersey Boys (2014) : ジャージー・ボーイズ

  4. トゥルー・クライム (1999) : True Crime

  5. In the Line of Fire (1993) : ザ・シークレット・サービス

  6. 愛のそよ風 (1973) : Breezy

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。