Space Cowboys (2000) / スペース カウボーイ

『スペース カウボーイ』(原題:Space Cowboys)は、2000年にワーナー・ブラザースで製作されたアメリカ映画。クリント・イーストウッド主演・監督・製作。

 ・ amazon : Space Cowboys (2000) / スペース カウボーイ

 ・ Youtube : Space Cowboys (2000) / スペース カウボーイ

Space Cowboys (2000) / スペース カウボーイのあらすじ

1958年、アメリカ空軍のX-15テストパイロットチーム・ダイダロスは、アメリカ初の宇宙飛行士になるはずだった。しかし、直前になってアメリカ政府はダイダロス計画を中止。新設されたNASAが選んだのはチンパンジーだった(※マーキュリー計画)。彼らは宇宙へ行く夢を諦め、技術者として勤務し、やがて退役した。

計画中止から40年余。妻バーバラと共に郊外の一軒家でのんびりと暮らしていたダイダロスのメンバー、フランク(クリント・イーストウッド)をNASAが突然呼びよせる。衛星軌道上で旧ソ連によって作られ、ソ連崩壊後のロシアで引き続いて使われている通信衛星「アイコン」が故障。ロシアと協力して修理を行うことになったNASAが調査したところ、かつてアメリカが作った宇宙ステーション「スカイラブ」と同じシステムが使われていたことが判明。しかし、システム自体が古いため設計に関わった者の多くが既に死亡している中、修理できるのは数少ない生き残りであるフランクだけだった。なぜ自分の設計が旧ソ連の通信衛星に使われていたのか疑問に思ったフランクだったが、今もNASAに留まって出世コースを歩んでいたかつての上官・ガーソン(ジェームズ・クロムウェル)をけしかけ、チーム・ダイダロスの宇宙行きを約束させる。

操縦技術を活かし曲芸パイロットになっていたホーク(トミー・リー・ジョーンズ)、機械技術を活かしジェットコースター技師になっていたジェリー(ドナルド・サザーランド)、何故か宗教に目覚め牧師になっていたタンク(ジェームズ・ガーナー)。かつての仲間たちが集まり訓練を始めるが、ガーソンは不安を訴えるロシア軍のヴォストフ将軍に対して「技術だけを聞き出し、フランクたちは宇宙には行かせない」と伝える。訓練を共にする若い飛行士たちはダイダロスのメンバーをバカにして栄養ドリンクを届ける。返しにフランクたちはベビーフードを届ける。「年寄りは何十年前のことは覚えていても、今朝食べたものは忘れている」といわれ、一生懸命、朝食のメニューを口にしたり、奮闘する。訓練を終えた直後、フランクはイーサンから本当のことを聞き出し、激怒してガーソンに抗議する。ガーソンは「君に脅されてそう言っただけだ」と反論し、さらにホークが癌のため宇宙に行けないことを告げる。マスコミの報道により人気者となっていたダイダロスは宇宙に行けることになっていたが、フランクはホークのことを考えて宇宙行きを辞めようとする。しかし、フランクやホークの気持ちを知ったサラの尽力により、ホークも含めたメンバー全員が宇宙に行けることになる。

チーム・ダイダロスは二人の若手イーサン、ロジャーと共に宇宙へと飛び立つ。しかし、目の当たりにした「通信衛星」アイコンの正体が核ミサイル6発を搭載した自衛能力付きのミサイル衛星だと知り、フランクはガーソンとヴォストフに詰め寄る。ヴォストフは「冷戦時代にガーソンの元から、スカイラブのシステムをKGBが盗み出した」と真相を語る。フランクは修理を止めようとするが、任務を優先するイーサンが独断でアイコンを起動させてしまい、地球に向けて落下を始める。フランクたちはアイコンのエンジンを逆噴射させて地球から離そうとするが、出力が足りずに落下を止めることができない。これに対し、ホークは月に向けてロケットを噴射させて引力を利用して地球から引き離すことを主張する。フランクたちは反対するが、自分の死期を悟ったホークは一人アイコンに残り、フランクたちは地球に帰還する。フランクは「ホークは月に辿り着いたはずだ」と語り、バーバラと共に月を眺める。月面には、衝突の衝撃で破損したアイコンの残骸に紛れ、ホークが横たわっていた。

関連記事

  1. Bird (1988) / バード

  2. Breezy (1973) / 愛のそよ風

  3. Letters from Iwo Jima (2006) / 硫黄島からの手紙

  4. Thelonious Monk: Straight, No Chaser (1988) / セロニアス・モンク ストレート・ノー・チェイサー

  5. Million Dollar Baby (2004) / ミリオンダラー・ベイビー

  6. Mystic River (2003) / ミスティック・リバー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。