Blood Work (2002) / ブラッド・ワーク

『ブラッド・ワーク』(原題:Blood Work)は、マイクル・コナリーの『わが心臓の痛み』を原作として2002年に公開されたクリント・イーストウッド監督の映画である。『L.A.コンフィデンシャル』のブライアン・ヘルゲランドが脚本を担当している。

 ・ Youtube Movie : Blood Work (2002) / ブラッド・ワーク

 ・ Amazon Video : Blood Work (2002) / ブラッド・ワーク

Blood Work (2002) / ブラッド・ワークのあらすじ

FBIの捜査官テリー・マッケイレブ(クリント・イーストウッド)は、彼宛てのメッセージを現場に残す連続殺人犯を追跡していたが、心臓発作を起こして倒れてしまい、犯人を取り逃がしてしまう。マッケイレブはFBIを退職し、心臓移植手術を待つことになる。
2年後、無事に移植手術を終えて退院したマッケイレブは、港のクルーザーに生活の拠点を移して生活していた。そこにグラシエラ(ワンダ・デ・ジーザス)という女性が訪れ、妹が強盗に殺された事件の捜査を依頼する。マッケイレブは依頼を断ろうとするが、移植された心臓が彼女の妹のものだったことを知り、殺人によって自分の命が生かされたことに怒りを覚え、依頼を受け入れる。マッケイレブは市警のアランゴ刑事、ウォーラー刑事に協力を求めるが、現役時代から折り合いが悪かったため十分な協力が得られず、市警と捜査権を争う保安官事務所のウィンストン警部(ティナ・リフォード)を訪れる。マッケイレブの手助けで出世したこともあり、ウィンストンは快く協力を申し出て、必要な捜査資料を渡す。
捜査資料から、グラシエラの妹とは別件のコーデル殺人事件との間に関連性があると判断したマッケイレブは、隣のクルーザーで暮らすノーワン(ジェフ・ダニエルズ)を助手にして捜査を進める。捜査を進めるうちに、彼女とコーデルは同じ希少な血液型でドナー登録していたこと、二人とも犯人から脳死状態にされていたことが判明し、マッケイレブは、犯人が同一犯で、自分に心臓移植をさせるためにドナーの二人を殺したと推理した。そんな中、容疑者の一人だったボロトフが殺害され、続けてコーデル夫人も殺害される。
マッケイレブの元にアランゴ刑事、ウォーラー刑事が現れ、三件目の殺人事件が発生したことを告げる。被害者は容疑者の一人だったロックリッジで、現場には「ハッピー・バレンタイン」の文字と、2年前の連続殺人犯が残したものと同じ数字が残されていた。再び現れた犯人を捜すマッケイレブは、グラシエラの甥が数字を見て「1の数字だけない」と言ったことが頭に残り、そこから数字の意味が「1がない=ノー・ワン」だと知り、ノーワンの元に向かう。ノーワンは犯行を認め、「昔のように自分を追い掛け回して欲しいから、二人を殺して心臓を提供した」と語り、同時にグラシエラと甥を人質にしたことを告げる。
マッケイレブはノーワンを連れて、二人が監禁されている廃船に向かい二人を助け出すが、ノーワンに逃げられてしまう。マッケイレブは二人をクルーザーに乗せて逃がし、ノーワンと対決する。対決の末にノーワンを射殺したマッケイレブは、グラシエラと彼女の甥と三人で新しい人生を歩み出す。

関連記事

  1. True Crime (1999) / トゥルー・クライム

  2. Tightrope (1984) / タイトロープ

  3. Million Dollar Baby (2004) / ミリオンダラー・ベイビー

  4. Gran Torino (2008) / グラン・トリノ

  5. 2000-2010 クリント・イーストウッド

  6. Mystic River (2003) / ミスティック・リバー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。