白い肌の異常な夜 (1971) : The Beguiled

『白い肌の異常な夜』(英: The Beguiled)は、1971年公開のアメリカ合衆国の映画。サスペンス映画。

 ・ amazon : The Beguiled (1971) / 白い肌の異常な夜

The Beguiled (1971) / 白い肌の異常な夜のあらすじ

時代は南北戦争の末期、南部のとある森の中で深い傷を負い、友軍とも逸れてしまった北軍の兵士ジョン・マクバニー(クリント・イーストウッド)は、意識を失う間際に民間人の女たちに助け出される。彼女たちは森の中で自給自足の暮らしを営みつつ戦火を逃れていた女学院の教師や生徒たちであった。マクバニーはそこで手厚い看病を受けるが、やがてその傷も癒えたころ男子禁制の女の園の中に紛れ込んだ敵軍の兵士である彼を巡り、女たちの葛藤に火がついていく。男を恐れ、疑いながらも、次第に惹かれていく女達。女たちの魅力に囚われ、その嫉妬や憎悪に翻弄されたマクバニーは単独で脱出を試みる。

  • コメント: 0

関連記事

  1. シノーラ (1972) : Joe Kidd

  2. タイトロープ (1984) : Tightrope

  3. 愛のそよ風 (1973) : Breezy

  4. 目撃 (1997) : Absolute Power

  5. 真昼の死闘 (1970) : Two Mules for Sister Sara

  6. ガントレット (1977) : The Gauntlet

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。