The Enforcer (1976) / ダーティーハリー3

『ダーティハリー3』(原題 The Enforcer)は、1976年製作のアメリカ映画。『ダーティハリー』シリーズの3作目。ワーナー・ブラザース配給。5作品の中で唯一、音楽がラロ・シフリンではない。

 ・ amazon : The Enforcer (1976) / ダーティーハリー3


The Enforcer (1976) / ダーティーハリー3のあらすじ

峠のコンビニの駐車場で若い女がガス会社のトラックをヒッチハイクした。山中の一軒家へ送ってもらった女は、冷えたビールをご馳走すると相棒をつれて家に入る。相棒が戻ってくるのを一服しながら待つ運転手であったが、突如背後からやってきたヒッピー風の男に刺殺される。そして男はビールを抱えて出てきた相棒も散弾銃で射殺した。
ダーティハリーことサンフランシスコ市警のハリー・キャラハン刑事は相棒のフランク・ディジョージオと巡回中、強盗事件の一報が入り現場へ急行。犯人の要求を聞くも突如、車で店内に突入。愛用の.44マグナムで事件を解決したが、結果1万ドルを越す損害を出した。この一件で上司マッケイ警部の逆鱗にふれたハリーは人事課への異動を命じられる。翌日、刑事昇任試験の面接官を担当したハリーは、そこでケイト・ムーア(タイン・デイリー)という頼りなさそうな女性警官と出会う。そんな中、巡回中のフランクがガス会社のトラックを奪った一味が計画したハミルトン兵器工場の武器強奪事件に遭遇。犯人グループを追って工場内へ単身踏み込むが、一味のボスに背後からサバイバルナイフで刺されてしまい、その負傷がもとで殉職してしまう。殺人課へ戻されたハリーは、市を脅迫する武器強奪犯の捜査を開始するが、刑事に昇任したケイトとコンビを組むことになる。

ハリーとケイトは兵器工場で刺殺された警備員の検死に立ち会うが、直後に爆弾テロが発生する。二人は現場に居合わせた怪しい男ヘンリーを追跡し、ジョンの教会で彼を逮捕する。彼の鞄から爆弾が発見され、ハリーは彼が所属していた黒人過激派グループのリーダー・ムスターファに接触し、彼と取引を行い事件の主犯が「人民革命軍団」を自称するボビー・マックスウェルであることを突き止める。ハリーはボビーの動向を探るようにムスターファに依頼するが、直後にマッケイ率いる警官隊が現れ、ムスターファは逮捕されてしまう。マッケイと市長はムスターファがテロ事件の主犯だと発表しするが、それを見当違いと指摘したハリーは停職処分を言い渡されてしまう。
ボビーは市長を誘拐して身代金を要求し、マッケイはハリーから情報を聞き出そうとするが、彼がボビーの要求を受け入れようとしていることを知ったハリーは協力を拒否し、ケイトと二人で捜査を始める。ハリーは保釈されたムスターファから情報を聞き出し、ボビーの仲間ワンダが働く風俗店に向かう。店の顔役から彼女の居場所を聞き出したハリーはジョンの教会に向かい、そこでワンダに殺されそうになるが、駆け付けたケイトに助けられる。ジョンからボビーの居場所を聞き出した二人はアルカトラズ島に乗り込み、ボビーたちと銃撃戦になる。ケイトは市長を救出してハリーと合流するが、直後にボビーに射殺され、市長が連れ去られてしまう。ハリーはケイトの復讐を誓いボビーを追い、彼が落としたM72 LAWを監視塔ごと吹き飛ばして復讐を果たす。市長はハリーに感謝状を贈ると告げるが、ハリーは市長の元を離れ、ケイトの遺体の前で立ち尽くす。

関連記事

  1. The Dead Pool (1988) / ダーティハリー5

  2. Joe Kidd (1972) / シノーラ

  3. Magnum Force (1973) / ダーティハリー2

  4. Play Misty for Me (1971) / 恐怖のメロディ

  5. Blood Work (2002) / ブラッド・ワーク

  6. Kelly’s Heroes (1970) / 戦略大作戦

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。