1970-1979 のクリント・イーストウッド

『ダーティハリー』シリーズの大ヒット

『マンハッタン無宿』で出逢ったドン・シーゲルと再びタッグを組んだ『ダーティハリー』でイーストウッドは型破りな刑事ハリー・キャラハンを演じた。これはシーゲル作品としてそれまでで最大のヒットとなり、イーストウッド本人もこの作品で人気アクション・スターとしての地位を不動にした。現在においてもイーストウッドの俳優としての代表作として真っ先に挙げられるのがこの作品である。『ダーティハリー』シリーズは、全5作品が製作されている。

映画制作会社マルパソプロダクションによる映画製作

1968年に映画制作会社マルパソプロダクションを設立。1971年に『恐怖のメロディ』で初監督。俳優業の傍ら『荒野のストレンジャー』『アウトロー』などの作品を立て続けに発表。監督業に進出した他の役者と違い、所謂「大作」や賞レースに関わる作品には出演せず、自らのプロダクションで製作した小規模ともB級とも呼べる作品でのみ主演し、監督業と俳優業を両立しながら地位を確立した。

80年代までの監督作の中で『アウトロー』『ブロンコ・ビリー』などでは「壊れた家族」というモチーフ、疑似家族を得ることで人生の輝きを取り戻すストーリーという共通した要素が見いだせる。1987年の第45回ゴールデングローブ賞で、セシル・B・デミル賞を受賞。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Kelly’s Heroes (1970) / 戦略大作戦

  2. The Gauntlet (1977) / ガントレット

  3. Client Eastwood / クリント・イーストウッド

  4. Joe Kidd (1972) / シノーラ

  5. The Eiger Sanction (1975) / アイガー・サンクション

  6. Every Which Way But Loose (1978) / ダーティファイター

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。