Joe Kidd (1972) / シノーラ

『シノーラ』(Joe Kidd)は、1972年にアメリカで製作された西部劇映画。クリント・イーストウッド主演。1975年11月5日、日本テレビ『水曜ロードショー』でテレビ初放送された際には『荒野の用心棒2』の副題が付けられた。

 ・ amazon : Joe Kidd (1972) / シノーラ

Joe Kidd (1972) / シノーラのあらすじ

1900年、メキシコとの国境に近いアメリカ・ニューメキシコの片田舎・シノーラ。ここでは白人の地主と、メキシコ人の農民との土地所有権をめぐる衝突が絶えなかった。
流浪のガンマン、ジョー・キッド(イーストウッド)は、些細なトラブルがもとでシノーラの町の留置場に放り込まれる。裁判所で判決を受けるが、そのとき法廷にメキシコ人の武装集団が乱入。ジョーは否応なしに騒動に巻き込まれる。武装集団は自分たちが土地を取り上げられる根拠となった権利書を燃やし、留置場にとらえられていた仲間のメキシコ人を牢から出す。

彼らを率いるチャーマ(ジョン・サクソン)は判事を捕らえようとするが、ジョーの機転で判事は助け出され、武装組織は撃退される。追跡隊が組織される中、当初ジョーはチャーマに関わろうとはしなかったが、自分の馬をチャーマに盗まれたことがきっかけでチャーマと対決しようと決意。ちょうど大地主ハーラン(ロバート・デュヴァル)が一流のハンター・ガンマンを連れてチャーマを倒そうとしていたところであり、ジョーはハーランの求めに応じその護衛を引き受ける。
しかし、追跡の旅を続けるうち、ハーランたちの正体が徐々に明らかになる。メキシコ人を迫害し、土地を奪うためならいかなる手段もいとわない、血も涙もない地主一味。彼らはチャーマと共にいたメキシコ人の娘ヘレン(ステラ・ガルシア)を人質に取り、チャーマに投降を迫る。彼らの本拠地となる村を襲い、やりたい放題のハーラン一味。自らの判断を誤ったと考えたジョーはハーランを裏切り、ヘレンを救ってチャーマのもとへと向かった。チャーマに会い、自首を勧めるジョー。
チャーマとヘレンをつれて、ジョーはシノーラの町に戻った。だが、あくまでチャーマを殺そうとするハーランたちは、手ぐすねを引いてジョーたちを待ち受け、チャーマの引き渡しを迫る。真の悪は腐敗した権力者たちだと悟ったジョーは、ハーランに最後の戦いを挑んでゆくのだった。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Two Mules for Sister Sara (1970) / 真昼の死闘

  2. 1970-1979 のクリント・イーストウッド

  3. The Enforcer (1976) / ダーティーハリー3

  4. The Good, The Bad and The Ugly (1966) / 続・夕陽のガンマン

  5. Kelly’s Heroes (1970) / 戦略大作戦

  6. Magnum Force (1973) / ダーティハリー2

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。