愛のそよ風 (1973) : Breezy

『愛のそよ風』(あいのそよかぜ、原題:Breezy)は、1973年のアメリカ映画。主演はウィリアム・ホールデンとケイ・レンツ。クリント・イーストウッドによる3作目の監督作品で、恋愛ドラマである。
イーストウッドは桟橋のシーンで白いジャケットを着た姿でカメオ出演している。

監督:クリント・イーストウッド
出演:ウィリアム・ホールデン、ケイ・レンツ

 ・ amazon : Breezy (1973) / 愛のそよ風

Breezy (1973) / 愛のそよ風のあらすじ

孤児でヒッピーのような暮らしをしているブリージー(ケイ・レンツ)は、ある日、知り合った男の家からでの行きずりの一夜のあと、ヒッチハイクで乗り合わせた紳士に連れ去られそうになる。あわててその車から逃げ出した後に、丘の住宅街の豪邸にたどり着き、その家の主である中年男のフランク(ウィリアム・ホールデン)と知り合う。フランクは離婚して独身で暮らす不動産屋の男で、気ままな生活をしていた。ヒッピーの少女に、露骨に嫌そうにするフランクだが、無理矢理ブリージーは車に乗りこみ、街まで送るように頼む。するとフランクとブリージーの車は、偶然に轢かれた犬のそばを通りかかる。犬を心配したブリージーは車を止めさせるが、それに冷たい態度のフランクに愛想をつかして怒ってフランクのもとを去る。
それからしばらく後、深夜フランクのところに警察がやってくる。フランクの姪が深夜にふらついていたのを保護したという。ブリージーだった。そこからフランクとブリージーの年の差の離れた同居が始まり、やがてお互いに恋に落ちていく。

関連記事

  1. Jersey Boys (2014) : ジャージー・ボーイズ

  2. サンダーボルト (1974) : Thunderbolt and Lightfoot

  3. 真昼の死闘 (1970) : Two Mules for Sister Sara

  4. J. Edgar (2011) : J・エドガー

  5. 恐怖のメロディ (1971) : Play Misty for Me

  6. ダーティファイター (1978) : Every Which Way But Loose

    • edy

    長年クリントのファンだったが本作だけは唯一見ていなかった
    池永陽の「漂流家族」に収められている「若い愛人」という
    短編の解説で本作についての記述があり自分が好きな歳の差
    恋愛ものと知ったのがきっかけだった
    ずっと見入ってしまったし好きなテーマだと時間が経つのも
    あっと言う間だと感じた

  1. この記事へのトラックバックはありません。