The Mule (2018) : 運び屋

『運び屋』(はこびや、原題: The Mule)は、2018年のアメリカ合衆国の犯罪映画である。監督と主演はクリント・イーストウッドが務めている。原案は『ニューヨーク・タイムズ』のサム・ドルニックの記事「The Sinaloa Cartel’s 90-Year-Old Drug Mule」であり、脚本はニック・シェンクが執筆した。80歳代でシナロア・カルテルの麻薬の運び屋となった第二次世界大戦の退役軍人であるレオ・シャープの実話に基づいている。

 ・ 公式サイト : The Mule (2018) / 運び屋

 ・ amazon : The Mule (2018) / 運び屋

 ・ prime video : The Mule (2018) : 運び屋

 ・ Apple : 運び屋 (字幕/吹替) – Clint Eastwood

The Mule (2018) / 運び屋のあらすじ

アール・ストーン(クリント・イーストウッド)は金もなく、孤独に暮らす90歳の男。商売に失敗し、自宅も差し押さえられかけた時、車の運転さえすればいいという仕事を持ちかけられる。それなら簡単と引き受けたものの、それが実はメキシコの麻薬カルテルの“運び屋”だということを、彼は知らなかった……。

  • コメント: 0

関連記事

  1. The 15:17 to Paris (2017) : 15時17分、パリ行き

  2. Blood Work (2002) : ブラッド・ワーク

  3. Mystic River (2003) : ミスティック・リバー

  4. トゥルー・クライム (1999) : True Crime

  5. 白い肌の異常な夜 (1971) : The Beguiled

  6. Sully (2016) : ハドソン川の奇跡

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。