Mystic River (2003) / ミスティック・リバー

『ミスティック・リバー』(Mystic River)は、アメリカ合衆国の作家デニス・ルヘイン作のミステリー小説を原作とした2003年のアメリカ合衆国の映画。クリント・イーストウッド監督作。題名はマサチューセッツ州を流れる川の名前(Mystic River)である。

許されざる者』『マディソン郡の橋』『スペース カウボーイ』など、数々の名作を世に送り出してきたクリント・イーストウッド監督による重厚なサスペンス・ドラマである。1つの殺人事件を通して四半世紀振りに再会した、幼馴染の3人の男性の運命を描く。それぞれに交錯する嘘や疑いが、事件を思わぬ方向へと発展させてしまう描写が高く評価され、第76回アカデミー賞で作品賞を始めとした6部門にノミネートされ、ショーン・ペンが主演男優賞を、ティム・ロビンスが助演男優賞をそれぞれ獲得した。

 ・ Amazon video : Mystic River (2003) / ミスティック・リバー

 ・ Hulu : Mystic River (2003) / ミスティック・リバー

 ・ Youtube movie : Mystic River (2003) / ミスティック・リバー

Mystic River (2003) / ミスティック・リバーのあらすじ

ボストンの小さな町イーストバッキンガム。犯罪社会から足を洗い雑貨店を営むジミー(ショーン・ペン)と、家族と共に平凡な毎日を過ごすデイヴ(ティム・ロビンス)、そして刑事のショーン(ケヴィン・ベーコン)の3人は、今は特に親しい仲ではないが、同じボストンで暮らし少年時代を共に過ごした幼馴染である。乾きかけのセメントに3人が名前を刻み込んだのが今も残っている。実は、彼らが11歳のとき、デイヴが見ず知らずの大人に誘拐され性的暴力を受けたのを境に離れ離れになったのだ。

25年経ったある日、ジミーの愛娘が遺体となって発見され、殺人課の刑事となっていたショーンがその事件の担当となる。デイヴは今もトラウマに悩まされている。妻のセレステ(マーシャ・ゲイ・ハーデン)は事件当夜に血まみれで帰宅した夫に不安を隠しきれず、ジミーに夫が犯人だと思うと告白する。ジミーは自らの手で娘の復讐を果たそうと、デイヴを呼び出す。少年に悪戯をしていた男を殴り殺して血まみれになったと主張するデイヴに圧力をかけたジミーは、デイヴに娘を殺したと自白させる。ジミーはデイヴを殺害し、川に沈める。

一方、ショーンは真犯人を逮捕。それは殺された娘のボーイフレンドの弟と、その友人だった。デイヴが殴り殺したという男の死体も発見。真相をショーンから聞いたジミーは、激しい悔恨の念に打ち震える。許されざる罪を犯しながら、法による裁きを免れたジミーに、ショーンは人指し指を向ける。

関連記事

  1. Changeling (2008) / チェンジリング

  2. Blood Work (2002) / ブラッド・ワーク

  3. Absolute Power (1997) / 目撃

  4. Invictus (2009) / インビクタス/負けざる者たち

  5. 2000-2010 クリント・イーストウッド

  6. Escape from Alcatraz (1979) / アルカトラズからの脱出

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。