Flags of Our Fathers (2006) : 父親たちの星条旗

『父親たちの星条旗』(ちちおやたちのせいじょうき、原題: Flags of Our Fathers)は、2006年公開のアメリカ映画。

クリント・イーストウッドが監督し、ジェームズ・ブラッドリーとロン・パワーズによるノンフィクション本『硫黄島の星条旗』(原題: Flags of Our Fathers)をポール・ハギスらが脚色し、イーストウッドが率いるマルパソ・カンパニー、スティーヴン・スピルバーグが率いるドリームワークスらが制作した。第49回ブルーリボン賞と第30回日本アカデミー賞で最優秀外国作品賞を受賞した。

 ・ amazon : Flags of Our Fathers (2006) / 父親たちの星条旗

 ・ Apple : 父親たちの星条旗(字幕版) – Clint Eastwood

 ・ Hulu : Flags of Our Fathers (2006) / 父親たちの星条旗

 ・ Youtube : Flags of Our Fathers (2006) / 父親たちの星条旗

Flags of Our Fathers (2006) / 父親たちの星条旗のあらすじ

ウィスコンシン州で葬儀屋を営む老人のジョン・“ドク”・ブラッドリーが長い人生に別れを告げようとしていた。ブラッドリーは1945年に硫黄島で戦い、帰国後は息子と共に葬儀屋を営み、地域に貢献する男である。

ブラッドリーは海軍の衛生兵として日本の「硫黄島」へ赴き海兵隊と共に日本兵に勝利する。丘にアメリカの国旗を建てる写真が撮られアメリカ中から“英雄”と称えられたが、その写真には写っておらず建てた人物の代わりに“英雄”とされた。当時アメリカは長引く戦争で疲弊しており、写真は戦意高揚に大きく利用され、ブラッドリーら戦友の6人は人生が乱れる。帰国したブラッドリーは硫黄島や写真について語らなかった。

関連記事

  1. ファイヤーフォックス (1981) : Firefox

  2. Gran Torino (2008) : グラン・トリノ

  3. Million Dollar Baby (2004) : ミリオンダラー・ベイビー

  4. Mystic River (2003) : ミスティック・リバー

  5. ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場 (1986) : Heartbreak Ridge

  6. 荒鷲の要塞 (1968) : Where Eagles Dare

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。