Firefox (1981) / ファイヤーフォックス

『ファイヤーフォックス』(Firefox)は、クレイグ・トーマスの小説および、それを元に1982年に製作されたアメリカ合衆国の映画。作中に同名の戦闘機が登場する。クレイグ・トーマスは、1976年のベレンコ中尉亡命事件にヒントを得て、この小説を一気に書き上げた。映画の製作に当たっては、アメリカ空軍・アメリカ海軍も協力しており、東西冷戦時代という背景の濃い作品のひとつである。
なお、小説の邦題は『ファイアフォックス』である(広瀬順弘訳 早川書房 ISBN 4150404283)。

 ・ amazon : Firefox (1981) / ファイヤーフォックス

Firefox (1981) / ファイヤーフォックスのあらすじ

ソビエト連邦が、それまでの戦闘機を凌駕する高性能な新型戦闘機「MiG-31 ファイヤーフォックス」を開発したとの情報がNATOにもたらされる。これに衝撃を受け、軍事バランスが崩れることを恐れたNATO各国は対抗すべく戦闘機の開発を検討するが、間に合いそうもない。そのため、その技術を機体もろとも盗み出すことを決定し、ロシア語をネイティブで話し、考えることができる元米空軍パイロット、ミッチェル・ガント(クリント・イーストウッド)に白羽の矢を立てたのであった。
ガントはヘロインの密売人に変装してソ連に入国し、協力者のウペンスコイと接触する。ウペンスコイはガントが成りすましていた本物の密売人を殺害してKGBを撹乱するが、ガントが駅構内でKGB職員を殺害してしまい、二人は騒ぎが起きる前に駅を脱出する。ガントはウペンスコイの相棒に成りすましてMiG-31の開発者バラノヴィッチ博士がいる基地に向かうが、既にウペンスコイの相棒はコンタルスキー大佐の部下に逮捕されており、彼は二人を尾行するようにKGBに命令する。ウペンスコイは途中でガントを車から降ろしてKGBを引き付け、ガントは基地に潜入してバラノヴィッチ夫妻と接触する。バラノヴィッチから明日MiG-31の飛行訓練が実施されることを聞かされ、彼がMiG-31の二号機を爆破する間に一号機を奪取するように助言される。
ガントは、MiG-31パイロットのヴォスコフ中佐からパイロット・スーツを奪い奪取の準備を進めていたが、ガントの正体がアメリカのスパイだと気付いたコンタルスキーは基地内の捜索を開始する。しかし、直前になって書記長が飛行訓練の視察に来ることが判明して、基地内は対応に追われる。バラノヴィッチが予定通りに二号機を爆破するが、直後に夫妻は射殺される。その混乱の中、ガントは一号機を奪い脱出し、基地の周辺で脱出を見届けたウペンスコイは拳銃で自決する。
MiG-31を奪われた書記長はウラジミロフ将軍に追跡を命じ、復旧した二号機に乗り込んだヴォスコフが出撃する。ガントは手筈通りに飛行経路を偽装して追跡の目をくらまして北極海に向かい、氷原を滑走路代わりに潜水艦から給油を受ける。一方、ウラジミロフはガントの作戦に翻弄される書記長を説得して、ヴォスコフはガントを追い北部に向かう。給油を終えたガントはソ連国外への脱出を図るが、ヴォスコフが追い付きドッグファイトを展開する。ガントはヴォスコフの二号機を撃墜することに成功し、無事に国外へと脱出する。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Pink Cadillac (1989) / ピンク・キャデラック

  2. White Hunter Black Heart (1990) / ホワイトハンター ブラックハート

  3. Bronco Billy (1980) / ブロンコ・ビリー

  4. The Dead Pool (1988) / ダーティハリー5

  5. Heartbreak Ridge (1986) / ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場

  6. 1980-1989 クリント・イーストウッド

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。